随想録

随想録

ご本人が、今日まで過ごされてきた半生を振り返り、思い出すまま断片的に書き記(しる)していったものを追悼録と言います。「半生記」と同様に、作成することにより後世に自分の生き様を伝えるとともに、今後に向けての生き方を見つめ直すきっかけづくりにします。

随想録の製作実績

【1】経営者・男性(大分県)80歳

常に品質向上を目指す我が社にとって、毎年春に開催される「全国新酒鑑評会」での上位入賞は大きな励みとなる。

「全国新酒鑑評会」とは、財務省所管の「独立行政法人 酒類総合研究所(旧大蔵省醸造試験所、旧国税庁醸造試験所)」の主催により開催される全国的な新酒のコンテストである。

続きを読む

掲載の許可をいただき誠にありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする